私が実践している関節炎の予防方法

冷やさないことも負担を減らす方法

関節炎は痩せるだけでも良くなる同じ姿勢でいないことが大事冷やさないことも負担を減らす方法

靴選びも、結構気を付けています。
サンダルのような摺り足気味になってしまう履物は止めて、最近では専らスニーカーしか履いていません。
フィットする靴で正しく足を上げて歩けば、歩き終わった後の膝や足首への疲れが軽くなるのが分かります。
足を上げて歩くことは筋力増強にも繋がりますし、筋力が上がれば歩ける距離も増えます。
そうした相乗効果があるのも、取り組んでいて嬉しいところです。
冬場には、関節を温めることも意識しています。
厚着をするとか入浴をするということではなく、蒸しタオルなどを関節部分に巻いて蒸気で温めます。
夏場にこれをすると非常に暑くて厳しいですが、夏場でも冷えが大敵なのは変わりません。
よってエアコンの効いた部屋で薄着をするのだけは避けています。
こうして挙げてみると、実に沢山の予防方法を実践しているなと自分でも思います。
ただこれほどまでに意識を向けるだけの価値は、十分にあるのです。
関節炎は今でも患うことはあるものの、その頻度と深刻さは劇的に良い方向へ変わりました。
体重を増やさないことは健康そのものにも直結しますし、副産物が多いこともまた魅力ではないでしょうか。
この痛みの辛さは、一度味わうと二度と同じ目には遭いたくないと思えます。
きっと共感していただける人も多いはずです。
人間何でも習慣化してしまえば苦になることも少なくなりますし、まずは少しずつこうした予防方法に挑戦するのが大事だと考えます。
もしも普段から関節炎に悩んでいる人がいれば、私と同じようなことを是非やってみてください。

【関節炎】食事や運動方法